綾瀬はるか 映画『今夜、ロマンス劇場で』2018年

綾瀬はるかと坂口健太郎が初共演する新作映画『今夜、ロマンス劇場で』(2018年2月10日公開)の予告編が公開されました。
監督は『のだめカンタービレ』シリーズを手がけヒットさせた武内英樹氏。

予告編ではストーリーのポイントになるヒロイン美雪(綾瀬はるか)の”切なすぎる秘密”も同時に明らかにされている。
また主題歌には歌手のシェネルの「奇跡」に決定したことも発表された。

新作映画『今夜、ロマンス劇場で』の内容とは

本作品はラブストーリーで、助監督として撮影所で働き映画監督を目指している健司(坂口健太郎)はスクリーンの中のお姫様・美雪に夢中になっていた。美雪がスクリーンの中から飛び出してきて恋愛が始まる。

出演者は他に健司を美雪と奪い合い三角関係になる社長令嬢の成瀬塔子役の本田翼。大スター俊藤龍之介演じる北村一輝。健司の友人でありライバルでもある山中慎太郎に中尾明慶など。

美雪の”切なすぎる秘密”によって美雪と健司の間に今度は”切なすぎる障害”が発生。そしてこの障害がさらに”切なすぎるラブストーリー”へと展開していく。

”切なすぎる秘密”により、美雪は自ら身を引こうとするが、それが健司を”切なすぎる運命”として悩ませていく。二人が迎える最後のシーンは”切なすぎる”がゆえにとても涙なしには見れません。

楽曲はシェネル「奇跡」に決定!

また、シェネルによりこの作品のために書かれた楽曲「奇跡」が予告編にも使われている。その歌詞は「叶わない恋と知りつつも一緒にいたい」美雪と健司の思いがストレートに伝わる内容。

綾瀬は「物語と美雪や健司の思いをより感じていただける素敵な楽曲で感謝しています」と感想を述べ、坂口も「ゆったりと優しい。そして力強い歌声で、台本を読んだ瞬間の感動と撮影をしていた時の健司の気持ちを思い出しました。この曲を聴くとすぐにこの映画を想像できる。そんな音楽だと思います」と感想を語る

綾瀬と坂口の『今夜、ロマンス劇場で』への思いと感想は?

綾瀬は「モニターをチェックして監督と立ち振る舞いを確認しながら、王女らしい言葉遣いや仕草を意識して演じました」と役について語り、「一組の男女のまっすぐなピュアな人を思う気持ちの美しさ、普段忘れかけていることを思いださせてくれるような、心が温かくなるような作品だと思います」とコメント。

坂口も「一生懸命だからこそクスっとなるようなシーンがあったり、美雪のために一途に走る姿が可愛らしくて頬がゆるんだり。そういうキャラクターにしようと監督と相談しながら演じました」と役について語り

「すごく華がある女優さんなので、白黒の中でも色を想像させてくれるような方。自分の考えをしっかりと持っている、一本芯の通った方でした」と共演者綾瀬の人柄についてもコメント。

うっかりオンエアを見逃してしまうと、

ストーリーが分からなくなって歯がゆい思いをしたことはありませんか?

そんなときに見逃した放送を無料で見る方法があります、コチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする